愛人契約の経緯〜シンママがパパ募集で月40万の援助を頂くまで

MENU

息子と過ごす時間を増やすためにお金持ちの男性と愛人契約を交わした私のことを蔑む人も多いでしょう。生活のため、息子のためなんて言っても綺麗事、やってることは不倫や浮気と何ら変わりないじゃんと思う人もいるでしょうね。確かに綺麗事かもしれません。事実愛人として生きていくためには体の関係を持つわけですし、当然相手の男性には本妻がいるわけですから見方によっては不倫と捉えることも出来るでしょう。でもね、シンママが幸せになるためには愛人として生きるのが一番の近道だと私は思うんです。ご存知ない人も多いでしょうけど、愛人として生きているシンママって意外とたくさんいるものなんですよ。

 

私の友人の純子さんもそのひとりです。彼女とはシンママSNSで知り合ったのですが、彼女もパパ募集して知り合ったお金持ちの男性と愛人契約を交わし生活をサポートしてもらいながら娘さんを育てています。私と純子さんの唯一違う点は、私は昼間働きながら、純子さんは完全に愛人としての収入だけで生活をしているところです。驚くことに純子さんはパパから月に70万もの御手当を頂き生活を送っているんです。何ともうらやましい限りですよね。

 

ちなみに私は純子さんに色入りとアドバイスを貰い今のパパと知り合う事ができました。純子さんと知り合ったのがきっかけで愛人募集を始めたといっても過言ではありません。お金持ちの男性と知り合いたいと思っていてもその機会は中々ないじゃないですか。そんな時純子さんが愛人として生きているという事を知り、パパの見つけ方を教えてもらったんです。いわば純子さんは私にとって師匠のようなもの。その師匠が「愛人契約はシンママが幸せになる近道」と言っていたので間違いではないと思いますよ。純子さんや私以外にもパパにサポートをしてもらいながら生きているシンママは大勢いるはずです。生活に困窮しながらも愛人募集に抵抗がある人は一度その概念を取っ払ってみてはいかがでしょう。幸せになりたいならまずは考え方を変えてみないと…

 

定番サイト女性は完全無料男性のみ有料
パパ募集サイトBEST5
お金持ちパパを見つけたいなら必須のサイト