愛人契約の経緯〜シンママがパパ募集で月40万の援助を頂くまで

MENU

3年前に旦那の浮気が発覚し離婚。当時息子はまだ1歳だったので旦那と別れることは苦渋の決断でした。父親がいないというのは子供の成長にとってもマイナスだし、何しろひとりで全てをこなしていかなければいけないことに恐怖を感じていました。それでも他に女を作った旦那のことをどうしても許すことが出来ずシンママという道を選ぶことに。それから3年、色々と大変なことはあったけれど現在は離婚前よりも裕福で幸せな暮らしを送ることが出来ています。

 

離婚前よりも裕福で幸せな暮らしを送っているというと世のシンママたちは驚くでしょうね。シンママといえば離婚したことで生活が困窮したり、いくつも仕事を掛け持ちしないと生きていけないという人がほとんど。そんな中離婚前よりも今の方が裕福といえば驚かれるのは当然ですよね。でもね、これは紛れもない事実なんです。収入だって元旦那が持って帰ってきていたお給料よりも遥かに多いし、息子と過ごす時間だって十分すぎるほどあるんですから。それもこれも生活をサポートしてくれるパパのお陰なんですけどね。

 

申し遅れました。私は4歳の息子を持つ34歳シンママ、久美子と言います。実は私、数か月前に出会ったお金持ちの男性に月40万もの御手当を頂き生活をしています。俗にいう愛人契約っていうやつです。だからと言って全く働いていないわけではありませんよ。自分のためにも子供のためにも昼間仕事をするのは大切な事ですし何よりも仕事が好きなので子育てに差支えがない程度に働いています。でも愛人契約を交わしていなかったら今のような幸せな生活は送れていなかったはず。40万もサポートしてもらっているんだから当然ですよね。

 

もしかしたらこんな私を軽蔑する人がいるかもしれません。同じシンママの中にも私を蔑んだ目で見る人もいるでしょう。でもね、愛人として生きていくのってそんなに悪いものではありませんよ。自分のためにも子供のためにも良い選択をしたって私は思っています。悩みを抱えているシンママは是非愛人募集をしてみるべきです。それだけで人生は大きく好転しますから。では私がそんな手段でパパ募集をし今の幸せを手に入れたのか、詳しく話をしていきたいと思います。

 

 

[プロフィール]
名前:久美子
性別:女性
年齢:34歳
職業:事務(シンママ)

 

3年前に元旦那の浮気が原因で離婚。その後はとある中小企業で事務の仕事をしながら女手ひとつ4歳になる息子を育てている。人並みの収入はあるので生活に困窮しているわけではないが、フルタイムで働いているため息子と過ごす時間が少なく悩んでいた。そんな時シンママSNSで知り合った純子という女性がお金持ちの男性と愛人契約を交わし生活のサポートをしてもらっているという事を知り、自分も同様の男性と知り合いサポートを受け息子との時間を増やしたいと思い立つ。ただお金持ちの男性と知り合う術を知らないので純子に相談を持ち掛けアドバイスを貰うことに…